カギかけ防犯コンテストの表彰式が9月12日(火)に県庁4階大ホールで行われました。
このコンテストは5月~7月までの間に、県や県警でつくる安全なまちづくり推進本部が各学校の駐輪場で通学用自転車の施錠状況の調査をし、施錠率が95%以上の学校を表彰するものです。
本年は高校7校、中学36校が表彰対象校となり、本校は施錠率100%とパーフェクトを達成し、高校の部の代表として、県知事より賞状と金色のプレートを授与されました。また、受賞校の代表として、前期生徒会長の西野君が謝辞を述べました。

 

県知事の向かって左隣りが西野君