「募ペン」というのは、富山のSTUDENT FORCEの石原さんが始められた活動です。世界には、学習したくても学習環境が不十分で学習に取り組めない子ども達がたくさんいます。そのような子ども達に、使っていないペンやノートなどの文房具を届けようという活動です。これまでにも、フィリピンやシリアに支援物資や文房具を届けておられます。

福岡高校では、昨年から「募ペン活動」に取り組んでいます。今回は、福岡中学校の皆さんと連携して収集活動を行いました。石原さんと話す中で、生徒からは、「身近にできるボランティアに挑戦できた」「この活動を通して一つになれた」との声がありました。石原さんからは、「私一人では成り立たない活動です。皆さんの呼びかけや行動が世界の子ども達を救ってくれるはずです。そして、皆さんの熱い想いに元気を頂きました。」との言葉を頂きました。

今回の活動では、保護者の皆さんにもたくさん協力して頂き,ありがとうございました。これからも、私たちができる活動の「輪」を広げていきたいと考えています。よろしくお願いします。